シャガン・コレクション The Shagan Collection

シャガン・コレクション
オフェル・シャガン氏の収蔵物

オフェル・シャガン氏は1989年より日本に在住している実業家です。シャガン氏の美術や古美術品に対する情熱は、素晴らしい美術品を収集するためにアジア各地を飛び回るだけではなく、自分のコレクションについて様々な角度から本を記したり、日本の主要なミュージアムで展覧会を企画実施することにまで及んでいます。

日本美術の一つの形体である「春画」は、世界の伝統的美術の中でも宗教という脈絡から外れてエロティックな題材を取り扱うというユニークな存在です。日本に住み始めた頃からシャガン氏は春画の収集を始めました。春画のユニークさとは、見るものの性欲を刺激するのだけを目的とせずに、エロティックな題材を描写しているというところです。それどころか、絵師たちはエロティシズムを積極的に使うことにより、ユーモアやパロディ、批判やゴシップ等社会観念を伝達、表現していたのです。

シャガン・コレクションは圧倒的な世界最大規模の春画コレクションとして知られています。コレクションは現在1万点近くにも及び、その中には小判、中判、大判サイズを含む約6000点の浮世絵版画、そして3000冊以上にも及ぶ江戸時代の本や300幅以上の直筆の掛け軸が含まれています。

シャガン氏は収集するにあたって、菱川師宣、西川祐信、月岡雪鼎、葛飾北斎、喜多川歌麿、勝川春潮、歌川国貞、歌川国芳、や河鍋暁斎などの有名な絵師の伝統的絵画を集めるにとどまらず、春画に隠れたメッセージを解読しなければ日本の歴史文化を徹底的に読み解くことにならないと信じ、特にそのような重要な社会的メッセージが含まれているものを見つけることに注力してきています。このような収集過程の中で、氏はいままで美術評論家や歴史家が見向きもしなかったような無名の絵師による春画をも数多く収集してきました。

収蔵品が増えるにつれて、シャガン氏は自らの収蔵品を公開しつつ、世界的に著名な研究者たちと協力しながら、系統立てた研究を活発に行っています。氏の春画に関する著書は既に数冊あり、主要な出版社から日本語、英語、フランス語といった言語で出版されており、氏はなおかつ収蔵品の展覧会出展の企画実施にたずさわっています。国内外の人気のある雑誌、新聞、美術雑誌に氏の収蔵品やインタビュー記事はしばしば掲載されてきています。

シャガン・コレクションの展示のユニークさはどこにあるのでしょうか。膨大な量の収蔵数ということ以外に、それらの作品は絵師毎ではなく、テーマや目的別に分類されているということでしょう。この方法により閲覧者は世界に存在する美しく興味深い春画のほとんどの作品を見ることができる機会に恵まれるだけではなく、絵師の意図したメッセージをより良く理解するとともにその作品が作られた時代文化背景までも理解する機会を得ることができます。絵師からのメッセージはその作品自体を私たちが理解するのに役立つだけではなく、現代の類似した事象への理解力さえも高めてくれ、またそういった新しい観点により私たちの創造力をも刺激するのです。いうまでもなく、エロティックというテーマに携わる現代芸術家たちにも貴重な機会を与えてくれます。

シャガン・コレクションは現在も日に日に成長しています。そして、シャガン氏はそのコレクション、そして、それを通して得た興味深い発見を世界の皆さんと共有したいと考えております。このウェブサイトのほかに、YouTubeの「EROTIC PAINTINGS SHUNGA 」というチャンネル名で、シャガン・コレクションの多くの収蔵品を皆さんに紹介しています。春画の研究者、出版社、ミュージアム関係の方でコレクションの展示をお考えの方はこのウェブサイトを通じてシャガン氏に是非ご連絡いただければ幸いです。

The “Shagan Collection”
collected and owned by Mr Ofer Shagan

Ofer Shagan, a businessman, has been living in Japan since 1989. His passion for art and antiques has led him not only to travel across Asia acquiring magnificent art objects, but also to write books, mostly in Japanese, on various aspects of his collection and to organize exhibitions at major Japanese museums.

Soon after arriving in Japan, Mr Shagan began collecting shunga , a Japanese art form that is unique among the world’s traditional art in dealing with erotic topics outside of a religious context. Shunga differs as well by depicting erotic topics not for the purpose of stimulating sexual desire in the viewer. Rather, the artists use eroticism as a tool to express positive social values, for humor and parody, to protest, to communicate gossip, etc.

The “Shagan Collection” is considered to be, by very far, the world’s largest known collection of shunga. The collection now comprises nearly 10,000 items, including about 6,000 individual ukiyo-e prints (including koban, chuban and oban sizes) over 3,000 Edo-era books, and over 300 hand-painted scrolls.

Mr Shagan’s guiding concept, besides collecting classic works made by well-known artists such as Moronobu, Sukenobu, Settei, Hokusai, Utamaro, Shuncho, Kunisada, Kuniyoshi and Kyosai , has been to locate items with important social messages, as he believe that we can never fully understand Japanese history and culture without understanding shunga’s hidden messages. In this quest, he has acquired many shunga items not yet given attention by art critics and historians, in many cases the artists being unknown.

Besides building the collection, Mr Shagan is very active in studying it systematically, cooperating with the world top researchers on the topic, as well as presenting the collection to the public. He has written several books on shunga (published by major publishers in Japanese, English and French) and has organized exhibitions of his shunga collection. His articles, and interviews with him, appear regularly in popular magazines, newspapers and art periodical inside and outside Japan.

What makes exhibitions of the “Shagan Collection” so unique? Aside from mere greatness in number of items, they are divided not by the artists who made them, but by their themes and functions. In this way the viewers gain the opportunity not merely to see many of the world’s most beautiful and interesting shunga, but to gain an understanding – the chance for a deeper knowledge – of Japanese culture and the periods when the works were made, as well as a better understanding the messages intended by the artists. Not only do these messages help us understand the particular works, but they can broaden our understanding of similar topics in our own day, give us fresh perspectives, stimulate our creativity today. Needless to say, this provides invaluable opportunities for contemporary artists seeking to deal with erotic themes.

The Shagan Collection is still growing by the day and Mr Shagan wishes to share the collection, and particularly his most interesting finds, with the world. In addition to this website, you can see many items from the Shagan Collection on YouTube (channel name “EROTIC PAINTINGS SHUNGA”). Researchers of shunga, publishers and museums wishing exhibit the collection are welcome to contact Mr Shagan through this website.